2月11日 木曜日 カワハギ釣行

IMG_1239

本日は宇和島発、横長遊漁さんで出船です。

行きたいけどチャンスが無くてこれまで行けなかったカワハギ釣行です。
IMG_1241

2号艇での出船。

小さい船なんで、大きな船の引き波では結構揺れます。

今回の釣行のために用意したのは、カワハギ王8号に3号のハリス、これなら針が伸びる心配はありません。  ただし、食いが悪いときのためにアスリートカワハギ5.5号も用意。

どうしても市販の仕掛けは5号や6号が主体になっています。

ですが、それだと大型がかかった際に簡単に針が伸びてしまいます。

8号だと、うまずらでも多分大丈夫。

その時の活性に合わせて針を調節します。

エサは生エビ、アサリ、イカ です。

アサリは以前にスーパーで買って剥き身にして冷凍保存していたもの。 エビもスーパーのエビを塩で締めたものを使用。  イカは夏の剣先の残りです。

いろいろ使いますが、やっぱりアサリが一番ですかね〜

ポイントに到着。

早速釣り開始。

バンバンアタリがきてエサが無くなるのを想像してたんですが、、、、思いのほかアタリが無い。

ベラも邪魔をしてくるし、、、

これはちょっとやっかいですね〜

クーラー大きめを持ってきたんですが、必要無いかも。
IMG_1245

いろいろ試行錯誤して、ようやく1枚!

その後はポイントを移動しつつ拾い釣り。

なかなか連発しません。
IMG_1246

イトヨリなんかも交えながら・・・

時々良型も。
IMG_1247

ワッペンサイズも(T_T)

なかなか厳しい釣りでした。
IMG_1249

それなりにのんびり楽しめましたけどね。

カワハギは釣るのも大切ですが、後処理が大切。

キモを美味しく食べるには血抜きが大事です。

綺麗な水でしっかり血抜き。  その後しっかり冷やす。

本日は半日釣行なので昼上がり。
 
帰って早速調理開始。

大きいヤツは刺身に。  それ以外は煮付けに。
IMG_1253

キモは十分血抜きして日本酒で臭みをとって使用。
IMG_1250

煮付けは定番の美味しさ。

本日は船長からもらった赤飯もいただきます。 
船長ありがとうございました 
v( ̄∇ ̄)v。 
IMG_1251

刺身は・・・上手に切れませんがきちんと薄皮も剥いでます。

キモはポン酢と混ぜてネギをたっぷり。
IMG_1252

 ハギの刺身にとってこのキモ/ポン酢/ネギの組み合わせは、三種の神器とでも言いましょうか、この三者が揃うことで抜群の破壊力が生じます。

この時期のハギはキモが大きいのでキモは十分にあります。
IMG_1254

たっぷりのキモポンにネギを絡めて食べる。  最高の贅沢ですね。 

プリン体の塊ですが。
IMG_1255

いくらでも食べられます。

当然、完食。 

有り余るほどの新鮮なキモは釣り人の特権ですね。

この悪魔的な美味しさを味わってしまうと、年に数回はカワハギ釣りに行きたくなってしまいます。

うまずらでもいいんですが、やっぱり丸はぎの方が美味しい気がします。

うまずらもきちんと血抜きしてやれば美味しいんですけどね。

寒い間にもう1回行こうかな。 

IMG_1243


 

1月31日 日曜日 ひとつテンヤ

IMG_1214

今回は久しぶりに宇和島発、横長遊漁さんで出船です。

ひとつテンヤで甘鯛を狙います。
IMG_1212

南予は魚影が濃いので、ひとつテンヤだといろいろアタリがあって面白いですね。

甘鯛は釣っても楽しいし、食べても美味しいので是非とも釣りたい魚です。 

ポイントに着いて、早速釣り開始!

まず最初にきたのはイトヨリ。
IMG_1216

甘鯛釣りの外道の定番です。

あと、今回はカサゴもよく釣れました。

甘鯛もポツポツ釣れ始めましたが、僕にはアタリません💦

しかし、待望のそれっぽいアタリ!!

だいたい釣れるのはエソか甘鯛かイトヨリか根魚なんで、ある程度予想がつきます。

今回はいい感じ!!  で、、、、上がってきたのは真鯛。
IMG_1217

いわゆる養鯛です。  養殖から逃げて半分野生化した鯛。  これまでは嫌ってたんですが、この鯛ハイブリッド真鯛といって、実は美味しいとのこと。
IMG_1218

是非食べてみたい!!
 
ということで、お持ち帰り。

そして、待望の甘鯛も獲得。
IMG_1219

最初はエソかと思ってゴリ巻きしてたんですが、上がってびっくり、甘鯛でした。 

とりあえず本命が釣れたので一安心。 
IMG_1222

今回は特にカサゴがよく釣れました。
 
一応ウッカリでいいのかな?

食べて美味しい魚なんで嬉しいですが。
IMG_1223

 そうこうしているうちに、白甘鯛!!

サイズは小さいのですが、レアキャラの白甘鯛です。

その後はカサゴは釣れるものの、アタリが遠のきます。

最後の流しでドラマが!

アタリが有り、合わせると甘鯛の引き。

サイズは小さいかもしれませんが、多分甘鯛。
IMG_1225

ところが、上がってみると、、、、結構大きい。

計測では1.9Kg

これまでで最大の大きさです。 

最後の最後で大満足。

今回は美味しい魚ばかりでした。

帰って、早速ハイブリッド真鯛の調理を。

捌いて分かったんですが、確実に美味い!
IMG_1229


あきらかに脂が乗ってます。

鯛の半身は刺身でいただき、残りの半身は皮のままで寝かせました。

甘鯛も鱗を包丁で削いでから皮のまま昆布締めに。

今回甘鯛はカルパッチョ?にしてみました。
IMG_1234

味付け後に片栗粉をまぶしてオリーブオイルでソテー。  その後バターで風味付け。

味付けはカレーパウダーやクレイジーソルトで。

初めて作りましたが、、、美味い。

皮はパリパリ、実はしっとりホロホロ。
IMG_1238

やっぱりこういう魚は皮を付けたまま調理するのが良いデスね。

松かさ揚げが有名ですが、何やっても美味しいですね。

料理が上手な人なら酒蒸しも美味しいですよね。  刺身も食したことがありますが、身が柔らかい魚なので、僕は火を通した方が好きです。

2日連続で作っちゃいました。

ちなみに、その次の日に寝かしておいたハイブリッド真鯛でも同じものを作りましたが、圧倒的に甘鯛の勝ち!

これから南予での釣りがますます楽しみになってきました!


IMG_1232

 

1月23日 土曜日 新年あけましておめでとうございます (遅💦)

IMG_1177

遅ればせながら・・・・

新年あけましておめでとうございます。

昨年12月初めからブログの更新も滞っておりました。

何かと忙しかったのもありますが、とりたてて書くことも無かったカナ。

結局年末年始もコロナウイルスと悪天候のため、引きこもり生活でしたし。

時々、暇を見つけては釣りもいってました。

貧弱な釣果のためあまり記憶に残っていませんが、、、写真を引っ張り出して、とりあえずまとめておきます。

例年に比してこの時期の釣果が振るわない理由は、なんといっても太刀魚でしょう。

とにかく今年は釣れない!

これまでも年々釣れなくなっていましたが、今シーズンはほんとうに釣れない。

豊後水道もサイズは出ますが数が出ない。

これなら、まだサバフグ地獄の昨シーズンの方がマシでした。

最悪サバフグは確保できましたから。

一度今治沖まで行きましたが、散々な結果に・・・・・('A`|||)
IMG_1202

まあ、ベルトサイズの刺身はあっさりして美味しいんですけどね。

今治太刀魚遠征は不発に終わりましたが、帰りにサワラ(サゴシ)パラダイスに!

水深40mほどのところでサワラが連発!!
IMG_1204

良いお土産ができました。

このサワラ、刺身で食べたんですが、、、、ビックリするほど美味しかったです。
IMG_1203

スーパーの刺身ではちょっと臭みを感じることがあるのですが、程よい脂の乗りと身の柔らかさで、3日連続刺身でも飽きませんでした。

因みに写真のジグはTGベイト150gです。

サワラ相手にチャレンジャー と思われるかもしれませんが、圧倒的にあたりました。

アタリは10以上で、キャッチは4本。

他の方よりは明らかにアタリが多かったと思います。  高いだけではありません。

ジギングの時はTGベイト 必須と思います。

豊後水道にも行きました。
IMG_1197

一応サイズは出ますが、あまりにも数が出ない。

なぜでしょう??

年末から入る網が原因だと思うんですけどね〜

商売とは言え、網で根こそぎとっていくもんですから、太刀魚もいなくなっちゃいますよね。

しかも、網でとった太刀魚は表面の銀幕が取れてしまうので、スーパーでは格安の値段になってます。

そのうち太刀魚も幻の魚になってしまうんじゃないでしょうか。

そういえば、真千丸さんの船が新しくなるようです。
IMG_1198

すでに船はきているので、艤装すれば出られるそうです。

かなりサイズアップするので、多少荒れても大丈夫そうです。

この時期は、なかなか釣りが難しいです。

寒いし、時化やすいし、週1休みのサンデーアングラーには厳しい季節です。

ですが、この時期の鯛は恐ろしく美味しいんですよね。
IMG_1183

30-40cmぐらいのコンディションのいい真鯛は最高に美味しいです。

松山沖の真鯛は気難しいので、最近は繊細な仕掛けで無いと釣れない気がします。
IMG_1187


中居チューンのような細身のネクタイに小さい針を合わせて狙います。
IMG_1188

数は取れませんが、美味しい魚が1枚取れたらそれで十分。

美味しい魚は締めたときにわかります。

魚が釣れたら私はすぐに鼻から針金を入れて神経締めを行います。

針金は脳を経由して脊髄に入ります。 これで神経締めになります。

その後えらを切って十分血抜き。

その時もできるだけこまめに水を替えます。

血まみれのバケツに魚を突っ込んでいるとそれだけで血生臭くなってしまいますから。

血が抜けたら、その場で内臓を出します。

これには賛否両論あるかと思いますが、美味しく魚を食するという観点からすると、鯛のような雑色系の魚の内臓は非常に臭いので、なるべく早く出した方が良いと思います。

船上で手早く内臓を出すにはキッチンばさみが有効です。

慣れれば1分ほどでエラから内臓まで摘出できます。
61kkNg9wtEL._AC_SL1001_

お勧めは「カクセー キッチン ハサミ 黒 長さ約20cm 板厚4mm 水産鋏」です。

切れ味が良いのはもちろん、錆びません!

2年ぐらいすると切れにくくなるので買い換えますが、コストパフォーマンスはかなり良いと思います。

この内臓を出す作業の時に、美味しい鯛は内臓脂肪がたくさん着いてます。

あと、コンディションの良い鯛は内臓が綺麗です。

内臓の血合いを綺麗に洗ってからクーラーに入れます。

内臓が癒着していたりする鯛はあまりコンディションが良くないですね。

締めたときに美味しそうな鯛は捌いていても美味しそうです。
IMG_1190

身がしっとりして、程よく脂が乗ってます。

美味しい鯛を美味しく処理して、より美味しくいただく!  自分で釣らないと出来ないことですね。

あんまりたくさん釣れすぎるとありがたみが無くなってしまうので、2-3枚釣れるのがちょうど良いです。

南予の方にも釣りに行きたいんですが、朝道中が凍ってしまう可能性がある期間はちょっと怖いですね。

一応四駆なんで多少の雪はいけると思いますが、チェーンが無いので万が一の時にどうにもならなくなってしまいそうです。

ですが、昨年2月は横長遊漁さんでひとつテンヤで甘鯛を狙ってました。

そろそろ行きたいですね。

IMG_1195

新型コロナウイルスもまだまだ落ち着かないようです。 

現在ワクチン接種に向けて各自治体が頑張って動いている状況です。
 
当院でも、サーマルカメラを設置したり、ウイルス除去能のあるエアコンを設置したりして可能な限り対策はしていますが、 いつ何が起こるか分かりません。

引き続き細心の注意を払って診療を続けていきたいと思います。

IMG_1194
 

12月6日 日曜日 ティップラン

IMG_1139

本日は久しぶりに松山沖へ。

だんだん丸さんでTR出船です。
IMG_1137

今シーズン3回目。  水温が高めらしく、今シーズンはもうしばらく楽しめそうとのこと。

ポイントに着いて、早速開始。

なかなかファーストHitが来ない。

一発目がすんなり取れると気が楽になるんですが、、、、。

とりあえず甲イカでも何でも良いので釣れて欲しい。

エギは主にダートマックス使用。

30gと40g。

好みは40gに10gのダイワシンカーを装着して50g出使うパターン。  

40gだけでいけると楽なんですが、50m以上になるとエギを沈めるのに時間がかかるため重い方が良い。 

でも、重くなると動きが悪くなるし、アタリもとりにくくなる。

許容できる範囲が50g前後ということです。

ダートマックスの30gはあまり使うことはないのですが、ヤマシタのシンカーが使えるので60g以上が必要なときは便利ですね。

で、、、、肝心の釣果ですが、序盤は甲イカやケンサキイカがよくあたりました。
IMG_1140

特にケンサキイカはかなりアグレッシブにあたってきました。

1杯釣り上げたときに、後追いしてケンサキイカがついてきたこともありました。

まるでイカメタルの時みたいでした。
IMG_1142

アオリイカはかなりサイズアップしていました。

大体500g以上。

キロ近いヤツもとれました。

 デカいヤツは、ファーストランが凄まじいですね。

僕はしゃくる際にドラグを出さないようにしているので、大型のアオリイカがかかったときはドラグを緩める必要があります。

エギングの時はドラグを出しますが、TRの時は少しでもパワーロスを避けるためドラグを出しません。  イカ先生の真似ですが 

今回は2回すごいファーストランがありました。

1回目は残念ながら途中でバレてしまったのですが、2回目はなんとかとれました。
IMG_1147

計測上900g

今季最大ですね。

本日は午前中だけで10杯超えたので、一安心。
IMG_1151

後はサイズアップを狙いたいところ。

 後半は、ケンサキイカのアタリが無くなり、アタリ自体が減りました。
IMG_1157

ですが、アベレージサイズのアオリイカはぽつぽつ釣れます。

500g前後です。
IMG_1158


IMG_1161


刺身が美味しいサイズですね。 

後半はちょっと失速しましたが、結局甲イカ5杯、ケンサキイカ5杯、アオリイカ6杯で合計16杯。

竿頭いただきました。 (☆゚∀゚)

2年ほど前まではティップランはちょっと苦手だったんですが、去年ぐらいからなにかつかめた感じがしてました。

結局、エギングと一緒なんですよね。

切れの良いダートで誘って、ステイで抱かせる。

この切れの良いダートというのがバーチカルの釣りでは難しい。

なるべく張りの強いロッドでラインスラッグを作りながらエギをはじくように動かすイメージを持つようにしています。
IMG_1153

ですから、他の釣りよりもロッドの性能が釣果を左右するように思います。

専用ロッドの中でも固めのセッティングが好みです。

今シーズンはもっとTRに行く予定だったんですが 、タイミングが合わず、これが最後の釣行になるかも。

年末から年明けになると、さらにサイズアップしていると思うので、もう1回ぐらいいきたいですね。

IMG_1156
 

11月3日 火曜日 ティップラン

IMG_1109


11/1に不完全燃焼だったため、本日は松山沖で再度ティップラン。

だんだん丸さんでの釣行です。

松山沖では、だんだん丸さんと高裕丸さんがよくティップランをされていますね。 

松山沖も例年よりアオリイカが減っているとのこと。
IMG_1110

ですが、早速きました。

今日はちょっと波があるのでアタリがとりにくいですが、何とか微妙なアタリをとっていきます。 
IMG_1111

そこそこのサイズもきました。

500gぐらいでしょうか。 

まだ、ドラグを出さなくても取れるサイズですね。 
IMG_1112

僕はエギをしゃくる際にドラグを締めて糸を出さないようにしているので、ある程度大きいイカが釣れたらドラグを緩めないといけません。

ドラグを使う必要が出てくるのはいつのことでしょう。

大きなヤツも一つ取れましたが、カミナリでした。
IMG_1115

結局、アオリは4杯。

バラしもあったんで、もう少し獲れたかもしれませんが、まあ、よしとしましょう。

ただ、この釣りは期間限定。

冬になり海が時化ると釣りになりません。

海が荒れるまでに何度行けるでしょうか?

週末凪いでくれるといいんですけどね。

IMG_1121

 
ギャラリー
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
  • 2月11日 木曜日 カワハギ釣行
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: