2月6日 水曜日 5周年記念日

08-外観 南東面

平成26年2月6日に開院してから、本日で5年が経過しました。
IMG_0249


当初は5年なんて遙か先のことと思ってましたが、いざ迎えてみると、毎日が必死で、あっという間でした。



実際、自分では忘れてましたが、お花を頂き思い出した次第です。 



自分の力だけではここまでたどり着くことは出来ませんでした。


スタッフをはじめとして、業者の方、地元の方など、
多くの方々に支えられて、なんとかやってこられIMG_0250たんじゃないかと思います。



5年はまだ通過点でしかありません。

今後も 、より一層地域医療に貢献出来る様に、スタッフ共々一丸となって進んでいきたいと思います。

今後とももりのぶ整形外科をよろしくお願いいたします。








IMG_0251

IMG_0253

42-MRI室

IMG_0255

ロゴ1





 

2月3日 日曜日 鯛ラバ用フック作成


今日は釣りは休み。

暇なんで、フックの作成です。

鯛ラバのフックは、最初始めた頃は、既製品に付いてたヤツをロストするまでずーっと使い続けてました。

当然切れなくなっていたはずなんで、掛かりも相当悪かったと思います。

少しずつフックにも注目しだして、一時は一刀チヌなんかの細軸チヌ針なんかも使ってました。

既製品の替え針も売ってますが、ほとんどがシーハンターで作っていて、ネクタイとの干渉が気になるので、できる限り自分で作成するようにしてます。
その方がコスパもかなりいいです。

IMG_0219

針は CULTIVAのジガーライト。
通常は10号を使います。   
南予で根魚狙うときなんかは12号なんかも使います。
食いが悪いときは9号にすることもあります。
IMG_0220

ハリスは ケプラート6号か、シーハンター8号ブルーを使います。
シーハンターブルーは、赤よりも滑らかなんで、ネクタイとの干渉が減るような気がします。
一番は、ケプラートかな。
6号で十分強度はありますが、耐久性重視の方は8号をおすすめ。
IMG_0221

ケプラートはちょっと高いです。 
IMG_0223

僕は3本フックを多用するので、メインのハリスは35cm、サブは15cmで準備。
 
IMG_0224

サブのハリスには片方だけ針を結びます。
IMG_0225

 メインのハリスには、両端に針を結びます。
IMG_0226

針は内掛け結びで結んだ後、しっかりと締め込みます。
念のため、結び目にアロンアルファー(ツリロン)を使用します。 
IMG_0227

出来たハリスを組み合わせていきます。 
IMG_0228

内径0.6mmの絡み防止パイプを使用すると長さの調節が簡単です。 
IMG_0229

辛み防止パイプを3mm程度に切ります。 
IMG_0230

その穴の中に先ほどのハリスを通します。
先にパイプにナイロンを通しておいて、それに引っかけて引き込む要領で通します。 
通らなそうに見えても 、パイプは伸びるので、意外に通ります。
IMG_0231

この段階でフックの長さや向きを調整します。 
大体僕は5cm前後にすることが多いです。
IMG_0232

最後にパイプの上で8の字結びして完成です。 
今回は段違いにしてますが、 9号や10号で真鯛のみにターゲットを絞っているときは同じ長さにすることが多いです。
3本フックにしている理由は、ばれる頻度が減る(と思っている)からです。 

一つずつ作るのは面倒ですが、暇なときに作り置きしておくと良いです。

IMG_0233
 

1月27日 日曜日 豊後水道太刀魚

IMG_0234

今年2回目の釣行は、太刀魚!

昨年末から噂の、豊後水道太刀魚です。

なぜか、瀬戸内では太刀魚が釣れなくなってしまったので、昨年末から松山の船は、せっせと佐田岬を超えて豊後水道まで行ってます。

ただ、サイズがかなり良いため、大遠征する価値があるようです。

初の豊後水道太刀魚。  

鯛ラバでも良い釣果が出る場所ですから期待できます。

本日は、津島発の西村遊漁さんで出船!

メインの電動リール シーボーグ150と、予備の電動リール シーボーグ300LTDを持参。IMG_0236

水深200mまであるので、高切れすると釣りにならなくなる可能性があります。

そのため、予備リールは必須ですね。

高波の中、ポイントに向かって爆走中、事件が・・・・

僕はぬれたくなかったのでキャビンの中で座ってたんですが、外の方が、
“リールが落ちた!!!” とのこと。

???

よくわからないけど、、、、どうも僕のリールみたい。

竿に装着して、糸も通して準備して竿立てに立てておいたのですが、何らかの理由でリールシートからリールが外れて海に落ちちゃったみたいです。

弾みで竿も折れてるし。

空しく竿からPEが海中に伸びています。 (((( ;゚д゚)))

必死でPEをたぐり寄せること、300m。
IMG_0238
残炎ながら、切れてました。

シーボーグ300LTD(末端価格72000程度)、現場に到着する事無く殉職。

竿の修理代と、PEなど合わせて8万円程度でしょうか。(TДT)


さい先悪いスタートです。

原因はわかりませんが、多分リールを取り付けた際に、うまく入ってなかったんでしょう。

初めての出来事でしたが、良い勉強になりました。 

肝心の釣果ですが、実際は思ったほど釣れませんでした。

年末から頻繁に巻き網が入り出したそうです。

ソナーで見つけて、一網打尽にしてしまうので、太刀魚がごっそりいなくなってしまいます。

まあ、漁師さんにも生活がありますから、しょうが無いかと思いますが、、、。
網で取った太刀魚は価値が半減してしまうので、もったいないんですよねー

限りある水産資源ですから、もうちょっと大事にしていかないと、そのうち太刀魚もウナギみたいに超高級品になってしまうかもしれません。

今回は、普通サイズが20程度。
今年は早めにドラゴン狙いに行かねば。

IMG_0248


 

1月13日 日曜日 初釣行


明けましておめでとうございます。IMG_0177
まあ、年が明けてすでに2週間が経過していますが・・・・

年明けは、何かと忙しくて更新が滞っていました。
年末年始も、今年は釣行が無かったんで、本日が久々の更新です。



IMG_0176
しかし、瀬戸内の太刀魚はひどいですね。
結局今はどの船も宇和海目指して行っている様ですが、釣る時間よりも移動時間の方が長そうですから、ちょっと時間がもったいないですね。
それなりの釣果は出ているみたいですが。

というわけで、今年の初釣りは、津島の西村遊漁さんで根魚狙いです。
昨年秋からエンジンの載せ替えでしばらく行ってませんでしたから、久々の津島です。
鯛ラバと胴付きでいきます。IMG_0183

胴付きは、エサは キビナゴ、イカナゴ、イカ、エビを準備。
電動リールに重りは80号から100号です。

早速、アヤメカサゴが釣れます。
ウッカリ狙いですが、潮下のためかなかなか釣れません。
初めてのチカメキントキが釣れました。
船長に聞くと、皮を残して炙りで食べると美味しいとのこと。IMG_0185
是非実践しましょう!


あと、マハタも釣れました。
サイズはいまひとつですが、十分です。


結局 鯛ラバではアヤメが2匹とれただけでした。

やっぱり胴付き(エサ)と鯛ラバでは、エサの方が強いんでしょうか。

もう少し鯛ラバで釣れると思ったんですが。IMG_0191

美味しい魚は釣れたんですが、やっぱり胴付き+電動リールでは 味が無いですね〜


というわけで、鯛を求めて翌日は、だんだん丸さんで鯛ラバです。
最近瀬戸内では鯛を釣ってないのでちょっと心配ですが、何とかなるでしょう。

釣れそうな雰囲気は十分あるんですが・・・・IMG_0196

釣れません。

アタリもありません。

エビを付けても、無くなりません。

どうやら厳しい日のようです。

 なんだかんだで昼過ぎてもアタリ一つ無い状態。
IMG_0194
ひたすら黙々と巻き続けます。 すると、ようやく待望のアタリが!

小さなアタリでしたが、ねばってねばって喰い込ませました。

あがってきたのは、、、一応真鯛でした。

サイズはこの際気にしない。
釣れたことが大事です。

この後、初真鯛には無事、海に帰って頂きました。

厳しいなりになんとか船中全員安打達成。

私もサイズアップを狙って巻き続けるんですが、、、、なかなか上手くいきません。IMG_0199

最後のポイントで、本日も終了!!

と思っていると、最後の最後で待望のアタリがありました。

ですが、、、明らかに鯛じゃ無い。

数回巻き上げたところで、まるで根掛かりしたかのようにいきなり重くなりました。

IMG_0204
まるで、オオニベみたいだけど、あんまり引かない。

エイのような感じ。

重いんで、大物であることは確かです。

時折引き込むんですが、結構素直にあがってきました。

その正体は・・・・ 大ヒラメでした  Σ(゚д゚;)
IMG_0198
まさに座布団サイズです。

大きさは78cmですが、かなり肉厚。  
これだけの良コンディションのヒラメはなかなか無いですね〜


鯛ラバで時々ヒラメが釣れますが、ホントに嬉しい外道です。

思わぬミラクルで、新年初の2連戦は終了しました。

チカメキントキ・アヤメカサゴ・マハタ・ヒラメ
と、美味しい魚ばかり勢揃いで、食べるのが大変です。



とりあえず、アヤメカサゴは定番の煮付け。
子供が喜んで食べてくれます。

マハタは鍋にしました。
IMG_0215

チカメキントキは炙りで。  はじめて食べましたが、身がしっかりしてます。
ソテーなんかしても美味しそう。

ヒラメは、やはり刺身で。
IMG_0214

ただ、これだけのサイズはさばくのがひと苦労です。
 
釣りから帰って疲れた体にむち打って、頑張ってさばきました。
 
IMG_0207

とりあえずでかすぎてはみ出しまくり。
IMG_0208

鱗は鱗落としで落とした後、金タワシでこすると、よりきれいに落ちます。
こういうヌルヌルの鱗小さい系は金タワシが有効。 
IMG_0209

5枚おろし開始。
まずは1枚。 
IMG_0210

続いて2枚目 
IMG_0212

裏返して同様に3-4枚取って完了!
 
IMG_0213

何度か練習してたんで、上手くいったんじゃないでしょうか。
完全な自己流なんで、一度しっかり勉強したいんですけどね〜 
ちなみに、捌いている時、内臓(胃)の中にけっこう巨大な魚が入ってました。 
500mlのペットボトルサイズの魚です。 
胃袋を裂かなくても透き通って魚が見えました。
さすがはフィッシュイーターですね。
IMG_0217

捌いた身は、当日食べた分以外は後日のために一部寝かせて、一部昆布締めに。 
ただ、1/4でも十分デカい。
縁側も脂ノリノリでした。

普通ヒラメはポン酢であっさり食べることが多いですが、このヒラメは脂が乗りすぎて、ちょっとしたトロ風です。  ですから、ポン酢よりも普通の醤油の方が合う感じでした。 

しばらくはヒラメづくしの毎日になりそうです。


今年の2月で、当院も開院して5年になります。
あっという間の5年間でした。
まあ、まだまだ 10年、20年と頑張っていかないといけないんですが。
今年も健康第一で、元気に1年を過ごせればと思っております。
引き続き、もりのぶ整形外科をよろしくお願いいたします。

IMG_0193

 

12月20日 木曜日 ロッドグリップ交換


昨年から始めたTR(ティップラン)ですが、通常はエギングの要領ですのでスピニングで行います。
ただ、Deepの場合や、底取りが厳しい場合はベイトも使ってます。
IMG_0151

なかなか専用ロッドが無いので僕はOLYMPICのCalamaretti GCRC-662L-S(Type MS)を使っています。
メタルスッテ用のロッドです。
大きな問題は無いんですが、欠点というか、不都合というか、、、
ベイトロッドは基本脇に挟んで使うので、グリップエンドが長めです。
TRの場合それがちょっと邪魔になるときがあります。
グリップエンドが引っかかって上手くエギをステイさせられないときがあります。
あと少し短ければな〜 と思うことが多かったので・・・

今回はロッドを短くすることに挑戦です!
最近は、ネットを調べれば大概のことはわかるので、まずは検索。
JUSTACEさんのホームページで勉強しました。

なんとなく出来そう。

早速 必要な道具を注文しました。
IMG_0154

買ったものは 
マタギ(Matagi) セパレートタイプ リアーグリップ EECS-SPa-D ¥ 525
ジャストエース アルミエンドキャップ AEC-CAP27S  ¥1190 
東邦産業 フィッシングボンド エポキシ系強力接着剤 淡黄色透明タイプ 5分型   ¥486 

以上です。   合計 2201円
エンドキャップがちょっと高かったかな。
IMG_0153

さて、何センチ短くするのかですが、使ってるスピニングなんかと比較した結果、約8cm短縮することに決定。

最初にもともとのEVAを剥がします。
IMG_0155

これは豪快にカッターで切り刻みます。
ちょっと心が痛みますが、、、
IMG_0156
もう後戻りは出来ません。
黙々とEVAを削り取ります。
IMG_0158
ある程度剥いだところで、金属パーツが動かないことに気付きます。
これもがっちり接着されてそうです。
取り去っても良いですが、出来れば流用したいので、ペンチで挟んでハンマーで打ち込んで何とか動くようにしました。 
IMG_0160

さらにきれいにEVAを取り、残った接着剤も削り取ります。

IMG_0161

新しく買ったEVAをはめて、切断部位の確認。
IMG_0162

 切るのは・・・ノコギリで。
ブランクは思った以上にスカスカでした。  もっとグリップ部分は肉厚かと思ってましたが、スカスカ。
IMG_0163

簡単に切断できました。
IMG_0164

新しいグリップとエンドキャップを仮装着。  良い感じです。 

後はこれを接着するだけ。
2液性の接着剤は初めて使うので、、、しかも硬化時間はたったの4分。
4分以内に完了出来るだろうか?
心配です。
もう一度 JUSTACEさんのホームページで勉強。

なんとか上手く接着できました。
IMG_0167

IMG_0168

IMG_0169

どのくらい短くなったかというと
2枚の画像を比較していただければわかるかと思います。
IMG_0152

IMG_0170
だいたい7.5cmほど短縮されたかんじです。
無事出来て良かった〜〜
所要時間も1時間弱

耐久性はまだわかりませんが、12時間で最高硬度に達するとのことなので、今週末使って試してみたいと思います。 
ギャラリー
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月3日 日曜日 鯛ラバ用フック作成
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: