6月20日 金曜日  近況

最近天気が不安定で日中と夜間の気温差が大きいですが、皆様体調など崩していませんでDSC_0591しょうか?
今週は雨の日が多かったため当院の外来も多少のんびりとしておりました。
しかし、やはり朝方気温が落ち込むせいでしょうか、「夜間に足が痙る(ひきつる)」という方が何名か来院されました。
一般的に足が痙るという現象は電解質の異常(Mgの欠乏など)が原因と言われておりますが、やはり下肢が冷えるとよく起こる様なイメージがあります。 おそらく電解質異常がベースにあり、それに何らかの刺激が加わって発症するのでしょうね。
当院ではストレッチの指導や投薬治療を行っております。
お困りの方はご相談下さい。

最近のイベントとしては、“父の日”がありました。
DSC_0585その日は香川県で鯛ラバの大会があったため参加していたのですが・・・・・
結果は非常に残念なものでした。
また来年頑張ります!

当日ほぼ1日いなかったにもかかわらず、家族からはDSC_0593プレゼントを頂きました。
Thermosのステンレスタンブラーでした。 
これはなかなかの優れものです。
このコップに冷たい飲み物と氷を入れるのですが、まず全くコップが冷たくなりません。 そのため結露もゼロ!
コップの下が水たまりになる現象から解放されるコップです。
あと保温性が良いため、氷が溶けません。 
冷たい飲み物を好む私にはうってつけのコップでした。 
機会がありましたらお試し下さい。

あと、冒頭の写真ですが、睡蓮の花が咲きました。
そのうち病院にも置こうと思っているのですが、忙しさにかまけてなかなか実現しておりません。  現在リハビリのシステムを新たに構築するため日々苦労をしております。 いずれ改めてご説明させていただきますが、当院の方針としましては現状の物療中心のリハビリから運動器リハビリテーション中心のリハビリに移行していきたいと考えております。  まだまだマンパワー不足で十分なことは出来ませんが、少しずつ体制を作っていきたいと考えております。  システムが変わりますので、今までに慣れておられる方には不便に感じることがあるかもしれませんがどうかご容赦いただきますようお願いいたします。 

6月8日 日曜日 救急当番

本日は2月6日に開院して以来初めての救急当番日となりました。
あっというまに4ヶ月が過ぎすこしづつ落ち着きかけてきた頃ですが、 初めての救急当番ということで、どきどきしながら1日を過ごしました。
結果的にはあまり混み合うこともなく落ち着いた1日だったのですが、おそらく大忙しになるときもあるんでしょうね。
救急は県中をはじめとしていろいろな病院で経験しておりましたのであまり苦にはならないのですが、やはりCTやMRIがないため多少不安があります。 しかし、エコーがあるおかげでかなり診断が楽になりました。
どうしても判断しにくい軟部組織の問題や関節の問題などがかなり手軽に判断できます。
今後もエコーは活躍してくれることでしょう。

DSC_0584 

話は変わりますが、
これは、以前ご紹介したプランターで作った ビオトープです。
暖かくなってきましたので睡蓮もかなり生長しております。  なかなか朝観察する機会がないのですが、おそらく数個の花が咲いていると思われます。 画面中央の赤/黒の金魚のそばにつぼみがあります。 
DSC_0583
あと数週間すると、かなりの数の花が咲く事でしょう。
朝時間に余裕があるときに観察したいと思います。

 

5月31日 リハビリテーション

早いものでもう5月も終わりです。
前回の更新の際に週1回は更新したいと書きつつも、かなり久しぶりの更新となりました。
徐々に患者様の来院数が増加しておりますので、それに対応すべくスタッフの増員も行っております。
診察に関しては、私が頑張るしかないのですが、、、。
リハビリに関しましてはもう少しリハビリが出来る方の人数を増やすため、ベッドの数を増やしてみました。 DSC_0576
大きくは変わっていませんが、少しずつ位置をずらしてスペースを確保しております。
また、6月からですが、当院にも理学療法士の先生が来ていただけるようになりました。
現在柔道整復師の先生に頑張っていただいているのですが、理学療法士の方も加わっていただけることとなりましたのでさらにリハビリテーションの幅が広がるのではないかと考えております。
DSC_0574当面は現状のシステムで行っていきますが、できれば6月中に運動器リハビリテーションの施設基準をクリアしたいと考えております。
それが出来ましたら、7月から本格的な運動器リハビリテーションを開始していきたいと考えております。

運動器リハビリテーションが始まると、現状10分単位で物療などを行っていただいているのですが、運動器リハビリテーションに関しては20分単位となります。 そのため混雑時の待ち時間がかなり長くなってしまうことが予想されますので、結果的には予約制度を導入する必要が出てくるのではないかと考えております。
診察に関しましては従来通りのシステムですが、リハビリに関しましては今後すこしづつ様子を見ながら変更していきたいと思っております。
ご迷惑をおかけすると思いますが宜しくお願い致します。
DSC_0575


 

5月5日 月曜日 近況

最近ずいぶんとブログの更新頻度が低下してきております。
原因は、一つには来院患者数の増加にあります。
現在当院に来院していただいている患者様はよくおわかりと思うのですが、4月中旬頃より急激に来院していただける患者様の数が増加してきました。
1ヶ月前頃と比較すると、多い日には2倍近い患者様に来院していただいております。 なんとかリハビリ・診察をこなしておりますが、時折お待たせしてしまうこともあり、申し訳なく思っております。
診察自体が19時頃までかかってしまい、その後カルテの整理に2-3時間を費やします(診察中は忙しすぎて十分にカルテに所見を記入することができないことが多いため、あとから全ての写真・所見を見直してチェックし、整理しております)。  メディカルクラークの方を募集しておりますので 、経験のある方が来て下さればもう少し楽になるとは思うのですが・・・。
カルテの整理が終わったあとは経費などのまとめがあります。  結局家に変えるのは22時や23時になることが多く、風呂に入って食事をしたらあとは寝るだけといった感じです。
というわけで、最近更新が滞っておりました。
今後はなるべく週1レベルでは更新したいと思っております。

とりあえずゴールデンウイークですが、 娘の習い事の関係で遠出をすることは出来ませんでしたので、今回はのんびりさせてただきました。  
3日は釣りに行かせていただきました。
DSC_0536久々に良い天気です。
やや風は冷たかったですが、いい釣り日和でした。

今回はキャスティング用の竿を新調したのでなんとかそれで釣りたかったのですが、アタリがあったのはDeepばかりでしたのでキャスティング竿はあまり活躍出来ませんでした。

DSC_0533炎月プレミアムです!
本当はDAIWAのRYOGAを見に行っていたのですが、思わずこれが目に入ってしまいました。
今まではライトジギング用のロッドでキャスティングしていたのですが、一応専用ロッドだし、プレミアムだし、ということで買ってしまったわけです。
実際使用した感じは、釣れていないので何とも言えませんが、Casting Max90gのとおり、20号、25号ぐらいは全く問題なくCastできました。 堅すぎず、かといってコシもしっかりとしており、さすがはCasting専用ロッドといったところでしょうか。
あとは釣れたときにどうかと言うことですが、、、、それはまた後日のご報告とさせていただきます。
DSC_0541
とりあえずこの日は写真の2枚のみでした。

40サイズと50サイズです。
なかなか60オーバーは釣れません。



4日と5日は久々に家でのんびりさせていただきました。
庭が荒れ放題になっていたため、2日掛かりで整頓です。
芝生のカット、その後水槽?の掃除です。
DSC_0545水槽とは名ばかりの、プランターに水をはっただけのものなのですが、以外とこいつは活躍します。

プランターに土を入れて睡蓮を植えて水をはります。 いわゆるビオトープというやつです。

うまくいくとかなりきれいに水が澄んでメダカや金魚が何もしなくても生存してくれるのです。  この写真はかなり放置していたのでグリーンウォーターになっていますが、きちんとすれば澄んだ水を維持することが出来ます。

今日は3つあるプランターのうち2つを掃除しました。(金魚・メダカ・ミナミヌマエビを一つにまとめるため、3つ同時の掃除は無理なのです)
DSC_0542DSC_0543
この2つが掃除して新規セッティングしたものです。 まだ味気ないですが、1-2Wすると良い感じに睡蓮が増殖してきます。
この睡蓮もなかなかおもしろい植物で、もとはワサビのような根っこの固まりが1つだったのですが、毎年2つに増殖していくのです。 1つが2つに、2つが4つに、4つが8つにという風に。  今年で3-4年になりますので、すでに大量の株があります。  通常1つのプランターに1株で十分なのですが、無理矢理3つ4つを入れ込んでしまいました。
DSC_0547
こんな鉢も掃除してみました。

真ん中の植木鉢に睡蓮があります。  これも2-3Wで生えてくるでしょう。

もともとは子供達の夏の金魚すくいの金魚たちの行き場所確保が目的だったのですが、何となく継続しています。
金魚は増えませんが、メダカやミナミヌマエビは増えますね。  特にエビは爆発的に増えます。  皆さんも試してみてはいかがでしょうか。  
大きめの(深めの)プランターで、栓が出来るタイプのものに赤玉土を入れて睡蓮などを植えます。 肥料を入れすぎると、おそらく過栄養状態になるからでしょうか、すぐに水が緑になってしまいます。 水道水を入れて1Wぐらいすると生体を入れてもいいと思います。
エビは、ヤマトヌマエビとミナミヌマエビがよく売られていますが、ヤマトヌマエビは繁殖しません。 どうも繁殖には汽水域が必要みたいです。 よって繁殖を期待するのならミナミヌマエビを買って下さい。  これからの時期抱卵して産卵しますので、うまくいけば2-3mm程度の小エビが見れます。  高温に弱いので出来るだけ深めのものがいいと思います。  生体を入れたあとの水の補充は必ずくみ置きしたものを使って下さい。

魚は釣るだけじゃなく、育てるのも好きです。
そのうち病院にも水槽が出現するんじゃないかと思います。  ただ、水槽は一度置くとなかなか移動が困難ですのである程度落ち着くまでは自粛するつもりです。
リハビリ室に置くことを考えているのですが、おそらく近いうちにリハビリ室は模様替えをしますので、それまでは置けません。

現在かなりリハビリの患者様が増えており、お待たせしております。 今後当院では運動器リハビリテーションの施設基準をとり、理学療法を開始していく予定です。 それに伴い器具の増設、人員の増加を予定しております。
少しでも患者様の待ち時間の減少につながるように努力していきたいと考えております。
申し訳ありませんが、今しばらくお時間をいただければと思います。

 

4月20日 日曜日 鯛ラバ

DSC_0502本日は先週に引き続き鯛ラバでの出船です。
先週は雨の中での釣行で、かなり寒い中頑張りましたが結果は No fishでした。
帰りに船長から「これに懲りずに・・・」 と言われましたが、むしろ逆ですね〜。 釣れなければ釣れるまで行きたくなるのがAnglerでしょう。
というわけで、本日の出船となりました。
週末までは天気も良く青物もかなり良かったようです。 ところが、週末になったとたんに天気はくずれ、魚の活性も落ちてしまいました。 せめて天気だけでも良ければ楽なんですけどね。 

本日は朝一の席決めじゃんけんで1番となり、左後ろの席を確保。 釣れる気満々で開始しました。 早速隣の常連さんにHit ! 残念ながらバレてしまいましたが、船中の活性も徐々に上がってきました。 そうこうしているうちに前の方が釣り上げました。
朝の時合いに突入したようです。 
ただ、やはり魚の活性は高くないようで、数回のアタリと数匹釣れたのみでした。 私はというと、1匹外道のグチが釣れたのみで鯛のアタリはなし。 先週からあまりに釣れなさすぎて、いったいどうやったら釣れるのかわからなくなってきました。
船長もがんばってあちこち探してくれるのですが、、、時々単発で釣れるぐらいでなかなか釣果はのびません。
周りの船も釣れていないようで、釣れてるときはお祭り騒ぎのジギング船ものんびりとして見えました。
そうこうしているうちに午後になり、あっという間に夕方です。
今日もダメでした。  最近ちょっと釣れないことに慣れてしまったのか、諦めも早くなり道具の片付けなんかをしていると、どうも今日は延長戦の様です。
残り1時間ほどの延長戦。 底も荒く、かけ上がりのポイントですが魚探にはぽつぽつ写ってます。
この最後のポイントが今日一番でした。  単発ではありますが、鯛が揚がりはじめました。 前の方、後ろの方が釣っている中やはり私にはアタリなし・・・・。
そろそろ延長戦も終わりかという頃、船長の「
写っとるよ〜」の声。
それと同時に隣の隣の方にHit !  私じゃなっかたのね〜と思っていると、なにやらもぞもぞする感じがあり!! 我慢しながら数回巻き上げると”ゴンゴン!”という鯛特有の引きに変わりました。
久々のアタリでようやく掛かりました。
慎重に巻きます。 鯛は掛かってもバレやすいので揚がるまでは安心できません。
DSC_0505
こうして奇跡的に本日はボウズから逃れることができました。

きれいなオスの鯛でした。

真鯛が魚の王様と呼ばれる所以はやはりその美しさからではないかと思います。 確かに味も良いですが、味だけならもっとおいしいDSC_0503魚は他にもたくさんいます。  新鮮な天然真鯛の色は本当にきれいです。

あと、Fight の仕方もなんというか気品があるように思います。  鯖やハマチなどは釣れるととにかく走り回ります。 暴れ回るといった感じです。 しかし鯛は無駄に暴れず、ただ深くゴンゴンと突っ込んで、まるで綱引きをしているかの様です。  力任せの勝負ではなく、慎重にやりとりをしながらこの綱引きを制していくのがおもしろいんですよね〜。これは私の勝手な意見ですが、、、。  この辺が私が鯛ラバを好む理由でしょうか。

今日は気分良く帰路につけました。DSC_0506
帰りに三津で大きな船が見えました。



本日は1匹のみの釣果でした。
通常釣った魚は翌日以降に食べます。
私の経験上、鯛は釣った日より翌日以降の方がおいしいと思います。  いわゆる”寝かせる”というやつではないかと思います。
そこで我が家では最近は、釣った日は捌くのみで翌日以降に食べるようにしています。
DSC_0509

先ずは鱗をとります。
この鱗取りが私は一番苦手です。 鯛の鱗は大きく頑丈で、かなり力がいります。  また、ちょっと気を抜くとヒレが手に刺さります。
いつもびくびくしながら鱗取りをしてます。
DSC_0510ちなみに、魚のヒレが指などに刺さった時はしっかり手当をして下さい! 化膿しかけたときは必ず病院に行って下さい(当院に来ていただければきちんと治療致します)。 
通常の化膿ではなく非定型好酸菌症の可能性がありますので、放置は厳禁です。


鱗を取ったあとは頭を落として3枚に。

DSC_0512DSC_0514

本日は半身のみ刺身用としました。

カマと白子DSC_0516DSC_0515煮物用です。

刺身はラップで保存しますが、その際に昆布を挟んでおくといわゆる昆布締めの様になります。  昆布が高いのでちょっとけちってますが、これぐらいでも十分旨みは増します。
この昆布締め刺身は、そのまま刺身で食べても良いですし、食べる数時間前に醤油につけ込んで漬けにしてもおいしいです。
漬けにする際は、”フジマルツ醤油”のさしみ醤油がおすすめです。
愛南町産の醤油で、甘くて漬けにぴったりです。

愛南町といえば、最近時々イベントでもさかんに”真鯛”をアピールしています。  養殖真鯛ですが、愛媛県は養殖真鯛生産日本一だそうです。
でも、「鯛を食べてね」 という割には、あまり食べ方の事に関しては言っていないような気がするんですよね。 普通真鯛の食べ方と言えば、塩焼き・刺身・鯛飯(炊き込みタイプ・宇和島風)・カルパッチョ ぐらいしか思いつかないんですが・・・。  皆さんはいかがですか??
と言うわけで、同じ愛南製品ということで鯛の漬け丼としてアピールするのはいかがでしょう?  皆さんも一度作って食べてみて下さい。  意外と鯛の刺身は淡泊であまり量が食べれません。  昆布締めにすると旨みが増して食べやすくなります。 漬けにすると、もっと食べやすくなると思います。


今日は1日楽しめました。 (終わりよければ全てよし!)
明日からも診療頑張っていこうと思います。
 
ギャラリー
  • 7月7日 日曜日 18ステラ ラインローラー 2BB化
  • 7月7日 日曜日 18ステラ ラインローラー 2BB化
  • 7月7日 日曜日 18ステラ ラインローラー 2BB化
  • 7月7日 日曜日 18ステラ ラインローラー 2BB化
  • 7月7日 日曜日 18ステラ ラインローラー 2BB化
  • 7月7日 日曜日 18ステラ ラインローラー 2BB化
  • 6月30日 日曜日 鯛ラバ釣行
  • 6月30日 日曜日 鯛ラバ釣行
  • 6月30日 日曜日 鯛ラバ釣行
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: