8月19日 日曜日 鯛ラバ釣行 20回目

IMG_5032

お盆休みの余韻がまだ残ってますが、休みの日には基本海の上に行くのが日課です。
IMG_5023
というわけで、今回も再び 真千丸さんです。

毎回同じようなパターンで臨んでいるのですが、釣果はそれなりに変わってます。

自分なりに工夫しているつもりなんですが、なかなか釣果には反映されにくいですね。

IMG_5027
今日は苦戦モードです。

結果はコチ1枚に鯛4枚!

コチは写真でもわかると思いますが、かなり立派なヤツです。


30cmぐらいだと、面倒くさいので捌くのもいやになるんですが、今回は50以上ありそうです。

捌いてお刺身にしました。
 IMG_5029
コチやホウボウみたいな立体的な魚はちょっと捌くのが苦手なんですよね。

その後、周囲ではBig Sizeがあがるなかで、僕だけはバラしてばかり。

なんとか4枚は確保しましたが、不完全燃焼でした。 


続いては、

8月26日 日曜日 鯛ラバ釣行 21回目

この日はお天気。IMG_5034

だんだん丸さんで釣行です。

瀬戸内では、あんまり最近良い感じが無かったんですが・・・

さい先よく真鯛が釣れました。 

サイズはイマイチでしたけどね。IMG_5037

その後も立て続けにHIT!

かわいいコチでした。

水槽があれば飼えそうなサイズです。 

釣れはするんですが、リリースサイズばっかり。

ただ、順調にアタリはあり、ようやくキープサイズ。
IMG_5038
サイズは選べませんが、なかなか大型はいませんねー

 でも、食べるにはこれぐらいのサイズが美味しいんです。

皮のままで短冊にして、バーナーで炙って塩タタキにすると最高です!

大きくなると皮が固くなって美味しくありません。

鯛は大きくなるほど味が落ちる気がします。  

美味しいのは40cmぐらいまでかな〜 

IMG_5033
 

8月11日 土曜日 お盆休み

IMG_4910

8月11日から15日までの間、お盆休みとさせて頂いております。
人員的な余裕がないため、各々で夏休みを取ることが出来ません。 そのため、年に2回、お盆とお正月にお休みさせて頂いてます。
IMG_4913
で、結局やることは一つなんですが・・・・・

8月11日 土曜日 鯛ラバ釣行 16回目 真千丸さん
 
佐田岬の先端まで行って釣りをします。

九州と山口が見えます。

サイズはあまり出ませんでしたが、よく釣れました。IMG_4916


合計7枚です。

ヒラメが欲しかったんですが、 なかなか狙ってとれるもんじゃないですね。


ですが、久々にいっぱい釣った感じがしました。

鯛ラバはこれぐらい釣れないとね〜
IMG_4922










 
IMG_4925

8月12日 日曜日 鯛ラバ釣行 17回目 だんだん丸さん
IMG_4931
2日目はだんだん丸さんで出船です。

相変わらず、松山沖は難しい、、、(TДT)

ホウボウと、巨大エソのみで惨敗!



IMG_4936

 
 8月13日 月曜日 鯛ラバ釣行 18回目 真千丸さん
IMG_4942
この日も佐田岬へ!

まずは良型Get!

その後、強烈な当たりあり。  結果はハマチ。



IMG_4945
底を切るのに苦労し、60m付近から全くあがってくる気配がなかったので、思わずドラグをMAXにしようとしたが、
¥3000のタングステンを使っていたため、慎重にFight。 

無事確保しました。

その後も大小あわせて鯛7枚!

そのほかに、ハマチ、コショウダイ、ガンゾウビラメ 

IMG_4950まあ、10枚釣れば満足ですね。




あんまり釣れたんで、急遽翌日も参戦決定!




IMG_4966
 

 8月14日 火曜日 鯛ラバ釣行 19回目 真千丸さん

連日の長浜釣行です。IMG_4971


はたして釣れるでしょうか?

 
あまり心配する間もなく、取り合えず釣れます。

しかも本日はサイズがまあまあ良い!
IMG_4976

40-60ぐらいの良型がよく釣れます。
 

早々に4枚確保!

前半は調子よかったんですが、、、、

なかなか後半は2枚潮がキツくて。IMG_4979

釣果がのびません。



ようやく待望のアタリ。

100m近い水深でしたが、一気に140mまで引き出されました。
IMG_4982
明らかに鯛ではないかんじ。

昨日のような青物か??


巻けども巻けどもあがってきません。


大型魚であることは確実。

この手の魚はなかな底が切れません。IMG_4984

底さえ切れれば何とかなるんですけどね。


で、結局あがってきたのはオオニベでした。

松山沖でも時々あがりますが、ひとまわり大きいですかね。

確実にクーラーに入らないので、船上で解体。
頭と尻尾を落として、内臓を出して処理。

一仕事終えて再度釣り開始。IMG_4986

もう1枚ぐらい鯛が釣りたい!

いきなりアタリ!!

しかし、、、、、

再び140mまで引き出されました。
IMG_4995
感じはどう見てもオオニベAgain 。  (´□`。)°゜ 

なかなか珍しいこともあるもんです。

ヒラメかも〜 マハタもいるし〜 なんて言われながらも、明らかにオオニベの引き。


あがってきたのは、やっぱりオオニベ。

年に1本釣れるか釣れないかの魚ですが、、、さすがに2連チャンは疲れました。IMG_4996

 オオニベは大きくてあまり美味しそうではないんですが、結構美味しいんです。

刺身でも食べれるそうですが、、、、私は専らフライです。

さばくと大量の身がとれます。

およそ魚をさばいたとは思えないほど大量の身です。
IMG_5003
フライは美味しいですよ!!

初めての4連続釣行でした。

お天気もよく、楽しめました。



お盆休み最終日は、県文で娘の発表会です。 

IMG_5002
毎年恒例の行事だったんですが、最近は1年おきになりました。

 なかなかバレエなんて見る機会は無かったですが、毎年見ていると

だんだん良さがわかってきます。 

ロシアのボリショイの方たちは、圧倒的な上手さです。

娘たちも、なんとか無事踊ることが出来ました。

毎回ヒヤヒヤしながら見てるんですけどね〜 

これにて無事、お盆休み終了です。

IMG_5007
 

8月4日 土曜日 イカメタル

IMG_4884


本日は、今シーズン3回目のイカメタル!C2D9C412-0FBC-4ED0-B7AF-2B2918414F84
愛南町の中丸さんで出船です。 

毎年1回は乗らせて頂いてるんですが、いつもイカメタルに行くとイサキの話が出ます。
この時期かなり釣れるそうです。

駐車場から船まではクレーンで荷物を運んで頂けるので、楽ちんです。
FCF30B59-385A-4CFC-B06E-DFB74E60E0D5
さあ、今日は釣れるんでしょうか?
30杯は釣りたいところです。


今回は沖流しではなく、掛かり釣り。

もちろん自家製ポンプも持参しています。

釣果は、ボチボチ。
IMG_4894
なんとかぎりぎり30杯とれました。
 

シマノの新しいイカ用トレイ使用。

まあ、結局はジップロックに入れて冷凍するんですけどね。
 

例年、この時期には一人100杯釣ったなんていう話が出るんですが、今年はいまひとつみたいですね。

ちなみに、下の画像に写っている物何かわかりますか?
珍しい物が見えました。

IMG_4887
 

正解はウミガメでした。

そして、翌日はお決まりのダブルヘッダー!
8月5日 日曜日 鯛ラバ釣行 15回目 IMG_4897

ニライカナイさんで出船です。

なかなか厳しかったです。

なんとかかんとか、1枚あげてボウズは逃れましたが、ウーン 難しい! 

松山沖はかなり難易度高めですね。

魚がだいぶスレてきてる感じです。

でも、釣れる人は釣ってますからね〜
 

7月21日 土曜日 イカメタル

IMG_4865

本日は、今シーズン2回目のイカメタル。

八幡浜発のうわかぜ丸さんでの釣行です。

ジャッカル フィールドスタッフの高田さん チャーターに便乗させていただきました。 

準備万端でスタートです。IMG_3348

この日は釣りだけでなく、試して見たい道具がありました。 

昨シーズンから準備していたポンプです。

イカ用の生け簀がある船はいいんですが、無い船だといちいちクーラーにしまうのが面倒になります。

そんな時の、個人用生け簀です。IMG_4866_2018.07.24 1.26.15

アマゾンで購入したポンプにバッテリーとホースを付けました。

 バッテリーは通常のだと重いんで、ダイワのBMバッテリーを流用出来る様にしています。

容量的に計算上は一つのバッテリーで15分しか作動しないんですが、、、、

たぶん大丈夫でしょう。

1時間ほど走ったのち、ポイントに到着。IMG_4866_2018.07.24 1.26.52

早速スイッチを入れると・・・・  大成功!!
 

どんどん水がたまっていきます。

流量調節が出来ないのが難点ですが、十分な水量でした。 


さあ、後は釣るだけ。

だったんですが、、ここで異変が!

あまりのうねりの酷さに、まさかの船酔いです。

瀬戸内の横揺れと違って、宇和海の縦揺れは強烈です。

慌てて飲んだ酔い止めも空しく、早々に海に撒き餌状態。

通常なら一度もどせば復活することが多いんですが、この日は全く回復せず、最初から最後まで酔ってました。

なんとか釣りはしたんですが、釣果は10杯程度。

ほとんど沈黙してました('A`|||)。

というわけで、写真はなし。 

このままで終わるわけにはいかず、、、

2時間程度の仮眠ののち、ニライカナイさんで出船。

7月22日 日曜日 鯛ラバ釣行 14回目

イカメタル後の鯛ラバというダブルヘッダーもだいぶ慣れてきました。IMG_4868


ただ・・・瀬戸内の鯛ラバは、やはり厳しい!

よく釣れてる日もあるんですが、僕が出る日はいつも厳しい様に思います。

やはり、日曜日なんで船がおおいため、プレッシャーが強いんでしょうか。 

バーチカルでは全くダメで、なんとかキャスティングで2枚。

手のひらサイズのチャーリーと、59cmの鯛1枚! 


一応、大物もあげたんですが、、、、
残念ながらサメでした。


魚があがってきた時に、グレーの魚影が見えると本当にがっかりします。 

サメにはなんの罪も無いんですけどね〜

南予の方ではフカの湯ざらしなんていう料理もあるんですが、なかなか自分で料理するのは難しそうです。

この外道が、ヒラメやアコウなら嬉しいんですけどね。

秋までは厳しい釣りが続くんでしょうか。
 
IMG_4835

7月16日 月曜日 鯛ラバ釣行 13回目

IMG_4830


連日猛暑が続いておりますが、体調など崩されていないでしょうか。
私は相変わらず連日、釣りに、仕事に、忙しい毎日を過ごしております。

さて、肝心の釣果ですが、、、、

まず、
IMG_4811
7月8日 日曜日 鯛ラバ釣行 11回目
この日はだんだん丸さんで出船。

出船前に、さい先悪くライフジャケットが暴発!

車内で大きくなってしまいました。



まあ、ボンベが期限切れになってたんでちょうどよかったんですけどね。IMG_4814

換えのボンベを早速アマゾンで注文。


大雨の後で、海もかなり濁っていました。

この日は小さめのタングステンヘッドにゴールドやオレンジ系の細めのネクタイでいきました。
ベイトは恐らくアミエビ系でしょう。
まずはバーチカルで1枚。
IMG_4822
この日は1日このパターンでした。

ただ、なかなか後が続きません。
 水深も40-60で比較的浅め。

気分転換にキャスティングなんかもしてみます。

すると久々にキャスティングできました。
IMG_4819
浅いのでガンガン走ります。


ステラのドラグを鳴らしながらあがってきたのは、久々のナナマルでした!


 これは嬉しい1枚でした。

やっぱり、スピニングでとると面白いですよね。


この後も、もう1枚追加!IMG_4825

結局3枚でした。

翌週は、まず
7月14日 土曜日 イカメタル

今季初のイカメタルです。
夏の夜の風物詩ですね。
IMG_4828

季節モンは1度は言っておきたいですね。

シーズンインしたての、イカメタル釣行です。

ベイトはばっちり写ってます。
25mより上は真っ赤っか!

イカもほどほどにあたります。IMG_4833

ですが、活性がイマイチなのか、腕1本のことが多かった印象です。

あと、マツイカが多かったですね。
20ちょっと獲りましたが、半分近くがマツイカでした。

それと、サバが多かった。

20cmほどの小サバがガンガンあたってきます。

スッテを丸呑みされるので、いい迷惑です。

メタルスッテは15号と20号を使用。

浮きスッテはちょっと大きめがよかった感じです。

正直色は何でもいいかな?

イカメタルから帰ったその足で、
7月15日 日曜日 鯛ラバ釣行 12回目

この日はニライカナイさんで出船。IMG_4836

釣果は鯛3枚にマゴチ2枚。

サイズはいまひとつ。  一般的には美味しいイサイズなんですけどね。

というわけで、写真は無し。

それなりに釣れたんですが、微妙に不完全燃焼。

明日は祭日だし・・・・ 連投しようかな〜


そして、本題の7月16日
IMG_4838
この日は長浜から出る真千丸さんで出船。

事前に重い鯛ラバ準備とのこと。  出来れば200g以上!!!

ちょっとびっくりしながらも200gをいくつか持参。

鯛ラバケースがいつになくHeavyです。

船は1時間半かけて佐田岬の先端へ。

まずは156gタングステンヘッドでイカタコカーリー。
IMG_4840

早速来ました。  来たけど、、、、小さい。

鯛ラバより軽い真鯛です。


当然リリース。

それからは、そこそこのサイズがあがります。IMG_4841

綺麗な真鯛です。

水深は80m程度。

釣りやすい深さです。

他の方は300gぐらいありそうなヘッドを使っている方もおられました。
IMG_4844
タングステンの156gで十分いけました。 鉛でも180gあれば底取りはOK!


タングステンの156gは本当に重宝します。
ネットでは200gなんかも売ってますが、市販で買えるのは156gが最重量かな。  鉛だと400gなんかもありますが、ほぼ拳大。
IMG_4845
高価なのがネックです。 ¥3000以上ですから、ロストしたときのショックは、、、、甚大です。


今回も1回だけロストしました。

たまたま鉛の180gを使ってたときだったんでよかったんですが、着底と同時に切れましたので、エソかヒラメなんかでしょうか。
IMG_4849
巨大なエソがいるんで、こいつらに丸呑みされたら厳しいですね。

似たような写真が並びますが、全て別の固体です。


時々なぜか劇的に小さいやつも混じりますが、、、。


アタリは比較的多めで楽しめます。IMG_4851

外道では、アヤメカサゴやウッカリカサゴ、ヒラメなんかもきます。

今回はアヤメカサゴ2枚でした。


このアタリはベイトが豊富なんでしょうか。

鯛の歯はほとんどとがってます。IMG_4855

瀬戸内の鯛は底物のヒトデや貝なんかを食べることがあるので歯が欠けて丸まっている個体が多いですけどね。


1日中コンスタントに釣れました。

40cm超えるとそれなりにドラグが出ます。
IMG_4854
60cm以上だとかなりやりとりが楽しめます。

あっという間でしたが、癒された1日でした。


最終釣果は鯛8枚(キープサイズ6枚)、アヤメカサゴ2枚。

上出来でした。



IMG_4858
IMG_4859










 
ギャラリー
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月6日 水曜日 5周年記念日
  • 2月3日 日曜日 鯛ラバ用フック作成
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: