11月9日は久々に鯛ラバに行ってきました。
あいにくの天気で、海の状態も今一つでしたが、とりあえず出船出来ただけでもよしとしましょう。DSC_0788
ちなみに先週の2日は太刀魚釣行でした。  まだまだシーズンに入りかけぐらいの感じで、ベルトサイズも含めて30本ぐらいでしたが、そこそこ楽しめました。
細めの太刀魚は基本3枚おろしにして保存しておきます。

この時期の太刀魚はかなりDeepにいるので100m近く巻き上げる必要がありますから、ジグで釣るにしても電動リールがほしくなりますね。   候補はSHIMANOのForceMaster 401 ですかね〜。 このサイズの電動リールでは、DAIWAのSEABORG150Jがよく比較されていますが、太刀魚ジギング、鯛ラバなど瀬戸内で使うにはForceMaster 401の方がいいように思います。 理由は、約70g軽いこと、スプールフリーになるので軽めのジグ(鯛ラバ)でもすんなり落ちること、手巻きで誘ったときにSEABORGはモーターを逆回ししている感じの重みが感じられるのに対してForceMasterは通常のリールっぽい感じで巻けるので、手巻きでの釣りが実用的であること、などがあげられます。
ただ、パワーに関してはSEABORGなんですよね〜
まあ、正月のセールまでは待ちましょう!DSC_0789
で、今回は念願のOCEA Conquestを入手しました。 先月頃から右巻きは出ていたのですが、今月ようやく左巻き 201HGが出ました。
マイクロモジュールギアを搭載した回転性能が売り文句ですが・・・ どうでしょうか。 今回は鯛ラバ・太刀魚両方に使えるようにPE1号を300m巻きました。
ハンドルは一応SOMに変更!
DSC_0794炎月プレミアムに装着して実釣です。

巻き心地は、やはりかなりスムーズです。  リールのギアを介したゴリ感が全くといっていいほどありません。  剛性に関しても十分と思います。  ただ、ドラグは5Kgですので青物にはちょっと厳しいでしょうね。  そこそこいいリールだと思います。  今まで使っていたOcea Calcuttaと比較すると巻き心地はかなりよく、ちょっとだけ力強さがあるかな〜といった感じでしょうか。  それなりの価格差があるので当然ですけどね。まあ、しばらく使ってみようと思います。
DSC_0795
というわけで、何とかこのタックルで獲りたかったんですが・・・ この日はダメダメでした。  状況的にも厳しめの日だったと思います。  パターンが合った方は一人で3-4枚獲ってましたので決して鯛がいないわけではなかったんですが、かなりシビアに好みが合ってないと食ってきませんでした。  軽いアタリが数回あったんですが、乗る気配がありません。
シャローでキャスティングからの斜め引きでようやく1枚獲りました。
とりあえず一安心。
ただ、その後は全く続きません。

残念ながら納竿となりました。
原因は・・・やはりネクタイのパターンなんでしょうか? 巻きの加減なんでしょうか? まったくわかりません。
次回の釣行は・・いつになるかわかりませんが、そのときまでにはネクタイのパターンを増やしておこうと思います。
DSC_0793