IMG_3407

日に日に涼しくなっていきます。
つい先日まで短パンで釣りをしていたのに、もう防寒の心配をする時期になりました。
本日はひさびさの泳がせ釣りです。

場所は、あの有名なクダコ!!
数年前に何度か行ったことがあったんですが、あまり良い思い出がありません。
今回は知人の方がチャーターするとのことでしたので、ご一緒させていただきました。
クダコのアイの瀬といえば、ジグの墓場。
今回は泳がせメインですが、しっかりジグも忍ばせます。
メインタックルは、オシアジガー2001にオシアジガーインフィニティー634。
ラインはPE4号、リーダー80LBです。
ドラグは、ほぼフルドラグですので、ハマチクラスなら一瞬であがってきます。IMG_3410

まずは、エサとなるアジ釣り。
これも、ひさびさのサビキ釣りです。
港から釣った方が釣りやすいんじゃないの、、、っていうぐらい怒和島の港に近いところで釣ります。
なかなか釣れません。  スズメダイやベラの猛攻にあいます。
それでもなんとかアジを確保して、待望の泳がせに!
60LBで作成した仕掛けにアジをつけて、80号の重りと共に沈めます。
普段なら鉛が飛ぶように根掛かって行くんですが、この日は潮が緩めで比較的底取りが容易でした。

ジギングと違って暇だなー なんて思っていると、エサの暴れる感じあり。
ゴスンときました。
ハマチサイズ!
IMG_3412
まあ、いいんですが・・・・・
できればブリがいいんですよね〜

およがせの良いところは、ジグではとれないときも圧倒的に魚がとれるところ。
悪いところは、新鮮なアジが必要なところと、釣った感よりも釣れた感が強いところでしょうか。

途中でジグも試しますが、反応無し。

やはりおよがせとジグではおよがせに分があるんでしょうか。
IMG_3413
アジを使えば、とりあえずハマチサイズは釣れます。

ですが、なかなかブリサイズはあがりません。

結局、ハマチサイズ2本+ヤズサイズ1本で終了。


もう少し青物の場合、潮がないとダメですかね〜




IMG_3417