2016年09月

9月 鯛ラバから初太刀魚まで

先月更新してから早くも1ヶ月がたちました。  
早いもんです。
あれから何度か出船したんですが、特にこれといった目新しい事もなく・・・ついつい更新がのびのびになってしまいました。
日中の業務がより忙しくなり、体力的にしんどいというのも理由の一つではあるんですが。 

とりあえず鯛釣果から。image
前回テキサステンヤで良い思いをさしてもらったので、翌週も使ってみました。  ところが、翌週は見事に惨敗。  鯛ラバの方が良かったです。 やっぱりベイトがイワシなどの小魚の時は鯛ラバの方が良いみたいですね。  
そこで次からは再び鯛ラバオンリーで。
 

その甲斐あってか、 ぞくぞくとリリースサイズ ゲット!

うーん    まあ、釣れるのは良いんですが、サイズがちょっと。
周りではそれなりのサイズがあがってますので、大きいのもいるはずなんですが。image

なかなか良いサイズがかかりません。
ちょっと早巻きでリアクションバイトさせているせいかもしれませんが。

この日は早巻きが良くアタリました。
 

めげずに巻き続け、ようやく最後にロクマル!
ワーム系は釣れにくいという雰囲気でしたが、ビビットカーリー にノレソレちょん掛けで喰わせましimageた。

 実は、全く同じセッティングで、その次はチャリ1枚と惨敗したんですが・・・

まあ、この日はとりあえず獲れて良かったです。

というのも、先日 FBにて「真鯛の生ハム」という記事があり、それを試みたかったのです。

image
方法は、まず鯛を短冊にして、それからハーブソルトなどをしたのち、吸水シートにくるんで脱水させるんです。
 

とりあえず、短冊を作成したのですが、塩加減が不明??
一夜干しなどの経験上、塩が多すぎると塩辛くて食べれませんので、ちょっと控えめに。

結論から言うと、少なすぎました。
もっと、塩焼きの時のヒレにかけるぐらい思いっきりかけても良かったかも。image

実際生ハムなんて、かなりの塩に浸かってますからね 〜

シートはこの脱水シートを使います。
浸透圧の関係でシートの間にあるゲル状の物質に水分が吸収され、脱水されます。
お寿司屋さんなんかで刺身短冊を布巾でくるんで寝かせるのと似た感覚でしょうか?
image
今回は半分シートでくるみ、半分は昆布締めにしました。 

昆布締めもちょっと昆布をけちりすぎですね。
ホントはもっとふんだんに使った方が美味しいんですが。 

これを冷蔵庫で1日寝かせます。 

すると、かなり水分が抜けて、シートはブヨブヨのゲルになってました。image

刺身は水分が抜け、ちょっと表面がねっとりした感じ。
ただ、これも1枚のシートに複数の短冊を入れたため短冊の全面がシートに接していた訳ではないので、やや脱水不足か。


まあ、刺身なんかでたべてみました。
(本当はハムみたいな感じで食べたかったのですが、塩加減が少なすぎて味が無く、醤油につけて食べるしかなかったんです。)
image

下2段が昆布締めで、上が脱水したやつです。
若干色合いが変わっています。

肝心の味は・・・・  美味しかったです。

今回は刺身として食べましたが、うま味が濃縮された感じでねっぱりとして、昆布締め自体も十分美味しかったんですが、それ以上でした。


imageもっと塩をしっかりふれば、こんなサラダもより美味しくなると思います。
次回は塩の量を増やしてトライしてみます。


このシートはなかなかの優れものですね!



image
さて、今シーズンの一つの目標に、南予でドラゴン太刀魚を釣る! というのがあります。image
今回は今シーズン初 太刀魚釣行もしてきました。
瀬戸内海との違いは、水深が150mと深いこと。
太刀魚をベイトにしている巨大太刀魚がいるということ。 でしょうか。
瀬戸内では130g-100g程度のジグを多様、重くても160gまででしょうか。


津島では、最低200g 250gメイン、場合によっては300gまで使用します。
魚の大きさも違うので、必然的にタックルも変わってきます。
瀬戸内では鯛ラバタックルで挑むことが多いですが、南予では明らかな青物タックル(大物用)で挑まなければ掛けても獲れません。  フックも一般の太刀魚用のフックでは簡単にのびてしまいます。

1年越しの釣行です。
早速釣りを開始しますが、なかなか潮が速くて釣りにくい・・・
早々にメインタックルのオシアジガー2001番が150mの高切れ (T_T)image
サブタックルの1501番と電動リールで頑張ります!

ぽつりぽつりと釣れるんですが、、、なかなか渋い1日です。
ただ、常連の方はパターンを見つけたようで、しっかりと釣っています。
この日はスーパードラゴンサイズは出ませんでした。
釣れた太刀魚がかまれていたり、フックが伸びてフックアウトしたケースもありましたので、もしかしたら釣れるチャンスがあったのかもしれませんが。

後半はぽつぽつ釣れて10匹ぐらいにはなったでしょうか。
今回は潮が速くて、てんやは試せませんでした。image
次回は試してみたいと思います。


なかなか南予まで行って1日釣りをするのはしんどいです。 
ましてや、次の日からまた仕事ですから・・・。
日曜日に行くのはかなり勇気がいりますね。
でも、瀬戸内と違って、まさかの大物が潜んでいる可能性があるので、夢がありますね。
なんとか今シーズン、もう一回ぐらいはチャレンジしてみたいと思います!
image

 

8月28日 日曜日 テキサステンヤ

image

あっという間に8月も終りです。
冬はなかなか過ぎないのに、夏は気がついたら終わってしまうことが多いですね。
最近、朝夕が若干涼しくなてきました。
ちょっと寂しい感じもしますが、これからの時期は鯛、青物、太刀魚、アオリイカ、カワハギ、など、いろいろ楽しみも増えてきます。

さて、今回もニライカナイさんで出船してきました。image
最近なかなか厳しい日が多いので、今回は秘密兵器持参です。

エビ ! です。

よく、エビで鯛を釣る なんて言いますが、まさにそれです。

以前から鯛釣にはよくエビが用いられてきました。
鯛ラバの前身であるゴンク釣や、一つてんやなど・・・
一つてんやは以前私もしたことがあるんですが、基本軽量の仕掛けを使うので、乗り合いの鯛ラバ船ではちょっと使いにくいところがありました。  特に松山沖はDeepが多いですから、軽いてんやはおまつりしやすくて、敬遠していたところがあります。image

ところが、最近「テキサステンヤ」なるものが出てきました。 
いわゆる誘導式鯛ラバとひとつてんやの中間のような存在です。
新しいモノがでると使って見たくなりますよね〜


ただ、本日も恒例のタコから参ります。

タコは相変わらず釣れます。
ポイントによっては良型も結構混じる感じで、シーズン当初よりサイズアップしている感じがあります。
image
タコは本当に釣れてもただ重いだけで何の引きも味わえないのですが、この重さが結構やみつきになります。  一瞬岩にへばりつかれたかな〜と思った後に浮かせたときは、正直うれしいですね。
たべて美味しいところがさらにGoodです。


本日も5匹いただきました。

さて、タコも終わっていざ テキサステンヤ!

テキサステンヤのいいところは、重さのラインナップでしょう。
通常の6号から13号までに加えて 80g 100g 130gなどの鯛ラバと同等の重さのラインナップがあります。image
130gがあれば、ほとんどの場面で鯛ラバと同等に使用することができます。
システム上、リーダーをスプリットリングに直結しなければならないところはちょっと気になりますが。楕円形のスプリットリングですから良しとしましょう。


本日は130gからのスタートです。

今回はいきなりの時合いでしょうか。image
最初からアタリがあります。  即あわせしますがすっぽ抜け。
あーーーっと落胆しているところにまさかの追い食い。
がっつりフッキングさせました。

夢中で気づかなかったんですが、自分だけでなく周りも一斉にHitしています。

これがなかなかの引きで、久々に楽しみました。

66cmで、ロクマルGetです。

なかなかテキサステンヤいけますね。

その後も潮止まりの際に使って見たんですが、鯛ラバには全くアタリのない状況でもテンヤにはアタってきます。image
1枚バラしたあとに1枚Get!
もう一つはサメでした。

ただ、なかなかアタリが無い時間帯に結構アタリがあったので楽しめました。

今回は竿の上下で誘う通常のテンヤ方式ではなく、いわゆる巻きテンヤのやり方で、鯛ラバと同じように誘ってみました。


1日使って見てわかったことですが、
良い点
重さがあるので鯛ラバと同じように使いやすい。
誘導式のため、フックが悪くなったら変えられる。
悪い点
付属の針が太軸で鯛の上顎に刺さりにくい。 そのためバラしが起きやすい。image
孫針が細軸で、すぐに伸びてしまう。
楕円形のスプリットリングが売ってないので、無くなったらもう使えない。
以上でしょうか。
スプリットリングはそのうち販売してくれるでしょう。

ただ、針が刺さりにくいのはちょっと困ります。
そこで、自作してみました。
カン付きの良い針が無かったのですが、太刀魚針で代用。
カンが小さいのでスプリットリングの2重部分はきつくて入らないため、楕円形で1重部分があるやつを購入(SOM)
針はCultivaのジガーライト。(鯛ラバで使用中)
これで上記の悪い点は克服できたんじゃないかな〜

まあ、試して見ないとわかりません。
次回はやや固めのサーベリング用ロッドを使ってフッキング時はスプールロックして試して見たいと思います。
台風が来ませんように!

image


 
ギャラリー
  • 12月2日 日曜日 ティップラン
  • 12月2日 日曜日 ティップラン
  • 12月2日 日曜日 ティップラン
  • 12月2日 日曜日 ティップラン
  • 12月2日 日曜日 ティップラン
  • 12月2日 日曜日 ティップラン
  • 11月23日 鯛ラバ釣行 31回目
  • 11月23日 鯛ラバ釣行 31回目
  • 11月23日 鯛ラバ釣行 31回目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: